秋の新アニメ2017、8回目はPCゲーム「Dies irae -Also sprach Zarathustra-」が原作の「Dies irae」です。
読みは「ディエス・イレ」で、ドイツ語で「怒りの日」という意味があります(なお、原作の「Also sprach Zarathustra」は「ツァラトゥストラはかく語りき」というニーチェの著書から採ったもので、同じドイツ語)。
また、この作品は2015年に始められたアニメ化プロジェクトの際に、クラウドファンディングで資金集めを行ったところ、目標額の3000万が1日もかからず集まり、4日後には全て振り込まれ、最終的には9600万以上の資金が集まるという想定外の集金力が起こった(当時の日本のクラウドファンディング史上最高金額・最高人数)ことでも知られています。
なお、テレビ放送は全12話ですが、ウェブ配信全6話も加えた全18話構成になるとのこと。かなり不規則な展開ですなぁ。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


その昔、同じ夢を見続けている人が、同じように同じ夢を見続ける人を見付ける彼は要人暗殺犯だったのだが、奇妙な友情を感じ、その同じ夢を見る事態を打破することを誓うのだった。


その誓いから60年以上経った別の場所で、狂気の事件が発生するきっかけになるとは誰も知らずに。



というふう。


・・・正直、あらすじをまとめるのに苦労した。だって、物語の芯の部分にまだたどり着いていないもの(ギャハ)。ゆえに、初回を見ても全く分からない本当にゲームをプレイした人だけにしかわからない展開。下手をすれば、クラウドファンディングに参加した人だけしか理解できないんじゃないかといいたくなるくらいの展開です。


はっきり言って測定不能故飯野賢治さんが言い放った「俺を評価するには、10点満点か評価不能かどっちかにしろ!」というセリフが、ここまでピッタリくる作品だったとは思ってなかったわ。これは、ウェブアニメでオチになるなら、相当苦情来るぞ・・・(汗)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 続きを読む