「Rich Vogel」

かつて3DOの革新的な3DMMORPG“Meridian 59”やOriginの“Ultima Online”、SOEの“Star Wars Galaxies”、BioWareの“Star Wars: The Old Republic”といった作品の開発を率い、2012年10月にはBethesdaが設立したBattlecry Studiosの社長に就任していたMMOジャンルのベテランRich Vogel氏ですが、スタジオと同名のデビュー作“BattleCry”がキャンセルされ、DOOMの開発に参加したスタジオと氏の動向に注目が集まるなか、Rich Vogel氏がGamesIndustryのインタビューに応じ、氏がBethesdaを去り「Certain Affinity」に参加したことが明らかになりました。