「Riot Games」「League of Legends」

2006年のスタジオ設立を経て、2009年10月に発売した“League of Legends”で文字通り世界的な成功を収め、世界20ヶ国にオフィスを構え、2,500人規模の従業員を抱える爆発的な成長を果たした「Riot Games」ですが、昨日スタジオの公式サイトが更新され、スタジオを設立しLOLを生んだCEO Brandon “Ryze” Beck氏と共同CEO兼CMO Marc “Tryndamere” Merrill氏が共に現在のポジションを退任したことが判明。なんと自ら開発の現場へと戻り、スタジオの次回作開発に注力することが明らかになりました。