現行のハイビジョン放送の4倍の精細さ、豊かな色彩。「4K」と呼ばれるテレビの映像方式だ。さらに現行の16倍となる「8K」のテレビも順次登場する。家電量販店でも「4Kテレビ」が売られており、すでに購入済みという人も多くいるだろう。NHKや民放各局は2018年12月からBSで4Kの実用放送を始める。

その実用放送、いまの4Kテレビでは見られないことはどれだけ知られているだろうか。

4Kの実用放送を見るには、それに対応した画素数を持つ液晶パネルと画像エンジンを積んでいる4Kテレビが必要だ。だが市販されている現在の4Kテレビは実用放送に対応したチューナーが搭載されていない。実用放送を見るには別途、チューナーを購入しなければならなくなるわけだ。だがこのことが、一般に知られているとは言いがたい。
99283be3-s
ちなみに総務省が4Kの地上波放送の予定は無いって言ってるから、たぶん出ない