テープ起こし専門のライター集団「ブラインドライターズ」。その名の通り、メンバーのほとんどが目に何らかの障がいを抱えていますが、その分聴力や余りある熱意で原稿のクオリティーを担保しています。2014年末に「ブラインドライター」としてデビューした松田昌美さんを皮切りに、2017年5月には姉妹サイト「ブラインドライターズ」も誕生。松田さんに続けとばかりに、新たに3人がブラインドライターズとしてデビューを飾りました。

ねとらぼでは「ブラインドライターズ」に所属し、ライターとして活躍する小林直美さんと、同業務の運営に携わる和久井香菜子さんに取材しました。ブラインドライターとして取り組んできた中で見えてきた手応えと難しさ、そして今後の展望について語っていただきました。

●ブラインドライター・小林直美さん&運営・和久井香菜子さんインタビュー

――「ブラインドライター」ブランドを立ち上げは、和久井さんと松田さんの出会いがきっかけだったそうですね。

和久井 私自身ライターとして活動しているんですが、8時間のインタビューを2週間で1冊の本にしてくれというむちゃな案件があったんです。もう死ぬかもと思って。まずテープ起こしが大変で、どうしたものかと頭を抱えていたら、知人から「1人いい子がいる」と紹介されたのが松田さんでした。

――最初は完全に依頼主としての発注だったんですね。

和久井 頼んだら本当に自分よりクオリティーの高いものが上がってきてびっくりしました。これはいいと思って、それからしばらくインタビューがあったときにはテープ起こしをお願いしていました。でも私からの案件だけでは彼女が食べていけるほどの原稿料にはならないので……。

 それならいっそ外部に営業したほうが良いなと思って、声をかけさせていただいたのが守山菜穂子さんでした。守山さんはブランドコンサルタントをやられている方で、そのノウハウを駆使したサイトを2014年末に公開したところ、Facebookなどでシェアされて、依頼数が一気に増えたという感じですね。

――「ブラインドライター」はサイトがキャッチーで一気に話題になりましたよね。でも、初代のサイトを残しつつ、あえて新しく「ライターズ」のサイトも立ち上げた理由はなぜだったんですか?

和久井 先駆者である松田さんを立てたいというのももちろんありましたし、「ライター」にご協力いただいた守山さんが絡んでいないので、一応入り口を分けました。ただし、ご依頼いただいたお仕事は「ライター」「ライターズ」のどちらか一方がパンクしてしまわないよう、両方に割り振るようにしています。

――そういうことだったんですね。小林さんはどういった経緯でブラインドライターになられたんですか?

小林 もともと松田さんと知り合いだったんです。東京都の視覚障がい者就労支援センターというところで、音声パソコンの訓練に通っていて。そこでのつながりもあったので、松田さんがブラインドライターの仕事を始めたとSNSで知ったときはびっくりしました。その後、「新人ライターを募集するけど、どう?」という連絡を、松田さんからいただきました。

――松田さんといえば、抜群の聴力を生かして、音声だけで部屋の形状とか、その場に何人いるかまで分かってしまうという超人エピソードがよく取り沙汰されますが、小林さんも……

小林 あれは無理です(即答)。

――松田さん特有の特殊能力でしたか(笑)。文章を書くこと自体は、以前からお好きだったんですか?

小林 好きでしたけど、なかなか書く機会はありませんでした。でもセンターで受けたタイピングの訓練は楽しかったんですよね。今でもやってる内に楽しくなってしまいます。こういう仕事をしてなかったら、たぶん自分で進んで言葉を知ろうということはなかったと思いますし。記事が出来上がると、自分もふつふつと文章が書きたくなってきたりとか、言葉をより知りたいとよく感じるようになりました。

和久井 小林さんは一番やる気があって、上げてくる原稿のクオリティーが高いんです。誤字も全然ないし、丁寧すぎなんですよ。あと半分くらい雑になってもいいって言ってるんですけど。

●移動は得意なタイプの視覚障がい者だと思います

――作業にはどういった機材やソフトを使ってるんですか。

小林 特別なものは使ってないですよ。音声ファイルは「Okoshiyasu2」で開いて、再生や一時停止にはフットスイッチを使ってます。今はとにかく、もっと早く正確に打ち込めるようになりたいです。最近では少しずつ、1回に暗記できる文章が長くなってきた気がします。入力した文字を読み上げてくれる音声パソコンを使っていると、テープ起こし用の音源と合わせて音が2種類聞こえてくるので、同時にタイピングするのはほぼ不可能なんですよね。

――そうか、画面の文字を読み上げる機械音声と、インタビューの音声を両方聞いていく必要があるんですね。

小林 そうそう。松田さんなら同時に聞けてしまうのかもしれませんが……。

――内容的にはどういった分野が好きですか?

小林 食品や栄養の分野は大好物ですね。もともと調理師と栄養士の学校に通っていたので。

和久井 あと音楽。

――福山雅治さんがお好きとのことでしたね。

小林 バレてる(笑)。音楽も福山さんも大好きです。いつかインタビューの仕事が来ないかなというのが夢です。ねとらぼで福山さんのインタビューをやる際には、ぜひお声がけくださいね。

――頑張ります……! ライブとかにも行かれるんですか?

小林 行きます行きます。電車も一人で乗りますし、今日も一人で来ました。わりと移動は得意なタイプの視覚障がい者だと思います。つえを持ち始めてから5年ほどになりますけど、その前はよくつえもなく歩いてたなと思います。

和久井 持ってたほうが便利?

小林 精神的に楽です。自分からはなかなか周囲に助けを求めづらいんですよね。でもつえを持っていると一目瞭然なので、助けていただける機会が増えました。それまで私は持つべきじゃないと思ってました。つえを持ってる人は全員全盲だと思ってる人がすごく多くて、私もそう思っていて。でもつえを持つようになって、周りの人の親切さが分かってからは、1人であちこち行くようになりました。

和久井 ちなみに今ここはどういうふうに見えてるの?

小林 こんな感じです(スマホの再現画像を見せる)。

――あ、確かにこれはつえが無いと厳しそう。

小林 以前取材いただいた際、制作会社さんが作ってくださった再現画像なんですけど。電気が付いているかどうかや、テーブルや椅子があるかは分かりますが、左側と真ん中がボコッと見えないという。辞書などは目一杯拡大すれば少し読むことができます。

●この仕事は続けられてあと5年か、10年

――「ブラインドライターズ」は運営母体が「CoCo-Life☆女子部」というところだそうですが、こちらはどういった団体なのでしょうか。

和久井 CoCo-Life☆女子部は「施無畏(せむい)」というNPO法人が運営している編集部で、障がいのある女子たちに向けたファッション・情報誌を作ってます。もちろんその紙面に登場するのも全部当事者だし、ライティングをするのも当事者。女の子の、当事者目線でものを作るっていうのが1つの特徴なんですけど、それだけだとクオリティーが担保できないので、そこをプロの方たちがプロボノ(ボランティア)という形でサポートしています。

――「女子部」と付いてますけど、ブラインドライターズには男性でも参加できるんですか?

和久井 現在も新人ライターを募集してますが、男性も大歓迎です! 残念ながら継続することが難しかったようですが、過去にも男性からの応募はありましたよ。

――「ブラインドライターズ」では全員目に障がいがあるんですか。

和久井 ライターさんはそうですが、校正で入ってくれてる咲坂美緒さんは下肢障がいの方です。みんな得意不得意があるので、そこはうまく配分してます。

――依頼はどういったものが多いのでしょうか。

和久井 いろいろですね。最初は知人を介したお仕事が多かったですが、最近はメディアさんからのお仕事が増えてきました。サイトがあちこちで取り上げられた直後はさまざまな分野の方からの依頼が増えたのが意外でしたね。「そもそもこんな仕事があったのか」と知っていただけたようで。

――料金が良心的ですよね。通常料金が15分1500円、誤字校正ありが3000円、完全書き起こしが8000円と。

和久井 ただ、通常料金で受けている限りどうしてもライターさんに満足いく月給がお支払できないんですよね。プラス1万円で「特急料金」というコースがあるのですが、こちらが合わさってくることで、ようやく専門的な仕事としてのお給料になってくる。基本料金の値上げも考えたことはありますが、同じような値段でやられている方もいらっしゃるので、競争力がなくなるよりは、他の依頼よりも優先して作業する「特急」で、お急ぎの方にはその分をお支払いいただくほうが双方メリットがあるのではないかと思って。なので「通常」や「校正付き」のご依頼の場合は、納期を少しお待ちいただくこともあります。一般のライターさんは今の金額がギリギリだと思うんですよ。あと、完全書き起こしは、そもそも「通常」のクオリティが高いので、依頼が来てもお勧めしていません。

――ご自身がライターをやられているからこその視点ですね。運営の観点から見て、今後の「ブラインドライター」「ブラインドライターズ」はどうなっていきそうですか。

和久井 結局、目の前の仕事に全力で取り組んでいくしかないと思ってます。音声読み取りソフトがすごい勢いで発達しているので、たぶんこの仕事は続けられてあと5年か、10年いけばいいくらいかなと思ってるんですけど。同時に他の技術も進んでくるとは思います。視覚を補助する技術が開発されるとか。でも今はそれを考えてもしょうがないので、仕事を誠実にこなしながら次の何かに備えられる、プラスアルファを勉強しておくっていうのが最善かなと。

 どんな仕事も5年、10年と同じ状態では続けられないですよね。形を変えていかないと生き残れないので、そこは別にこの業界だからということではないと思います。ではこの先何をしていけばいいかっていうのは現時点では分からないので、取りあえず今この仕事をしながらできることをやるだけですよね。それこそ「語彙を増やす」とか、地道なところからコツコツと。

――最後にお2人に今後の目標を伺ってもよろしいでしょうか。

小林 もっと早く打てるようになって、とにかく実力を付けていきたいですね。やはり先輩の松田さんはすごいです。この前もNHKの番組に出た際に自己紹介でちゃんと「ブラインドライターです」と言っていて、さすがだなと思いました。順番的に私が先に自己紹介をしたんですが「(昌美ちゃんが言わないのに私が言えないな……)」と、しっかり「ブラインドライターです」とは言えませんでした。

和久井 気にしなくていいのに! ずっと思ってるけど、まちゃみ(松田さん)とみんなは上下関係ではなく、私はみんな同じだと思ってるから。

小林 一応代表というか。

和久井 そんなのなしなし。

小林 私も頑張ります……!

――和久井さんご自身はどうですか。

和久井 もともとあんまり、障がい者の人を支援しようみたいな、そういう美しい動機で始めたものでもありませんでした。私自身、とても仕事に苦労したんです。自分に何ができるか分からなかったし、仕事してもすぐクビになるし、世界一ダメな人間だって思っていました。そんなとき大変お世話になった方がいて、「あなたはクリエイティブの才能があるから、そっちに進みなさい」と言ってくれた。

 それまで、自分にできることがあるなんて考えもしませんでした。だけどその言葉が、前向きになっていろんなことにチャレンジをする勇気を与えてくれました。コンプレックスにまみれて生きるのってつらいじゃないですか。誰だって人から必要とされたいですよね。私は「一般常識がわからない」けど「発想が面白かった」らしいんです。同じように「視力が弱い」と言うとマイナスだけど「聴覚がいい」と言えばプラスになる。そういう考え方で自分の個性を受け入れて仕事ができたら幸せです。

 仕事に悩んでいる人を見ると、昔の自分を思い出して、私まで一緒に辛くなっちゃうんです。自分にできることで、なにかその人のお手伝いができたらいいですよね。