村田が戦力外
 巨人は13日、村田修一と来季の契約を結ばないことを発表した。

 村田は2011年オフ、横浜(現DeNA)からFA宣言し巨人へ移籍。移籍後は12年から3年連続で140試合以上に出場した。15年は打撃不振で苦しんだが、昨季は3年ぶりに打率3割(.302)を記録し、本塁打(25本)と打点(82打点)はチームトップをマーク。

 復活を印象付けたシーズンとなったが、今季は村田のライバルとして楽天時代の13年に打率.292、28本塁打、93打点を記録したマギーが加入。春先はベンチを温める機会も多かった。それでも、交流戦明けから先発での出場機会を増やし、最終的には118試合に出場して、打率.262、14本塁打、58打点の成績を残した。

各球団の三塁事情は?
 各球団の三塁手事情を見ると、ソフトバンクの松田宣浩が143試合にフル出場し、阪神も鳥谷敬が138試合、楽天はウィーラーが137試合、日本ハムのレアードは136試合、DeNAは首位打者になった宮崎敏郎が119試合、西武の中村剛也が108試合、オリックスの小谷野栄一が105試合に出場するなど、100試合以上に出場した三塁手が7球団にいる。

 一方で、三塁手の起用に頭を悩ませていたのが中日だ。今季は三塁手の最多出場は堂上直倫の51試合。シーズン序盤は新外国人のゲレーロが務めていたが、そのゲレーロが外野に転向した後は、堂上、福田永将、亀沢恭平などが務めた。さらにシーズン終盤には、三塁でのスタメン出場が増えていた福田が一塁に回り、高橋周平が三塁で出場。絶対的なレギュラーはいないが、候補生は多いというのが現状だ。

 パ・リーグ最下位のロッテは、新外国人のダフィーが三塁のレギュラーとして春先から出場していたが、期待された打撃面で結果を残せず二軍落ち。その後は、中村奨吾、大嶺翔太らが三塁手を務めた。チーム最多の69試合で三塁を守った中村は、シーズン終盤に遊撃手としてもスタメン出場するなど、遊撃でも27試合に出場している。

 村田はマギーが加入した今季、スタメンを外れることもあったが、シーズン途中から三塁で先発出場した。どこの球団が村田の獲得に名乗りを上げるか注目だ。